日本人の宗教心ー何が信仰の対象かー

B13-3

日本人の宗教心ー何が信仰の対象かー (B13-3)

定価(税込)
¥1,500
販売価格(税込)
¥1,500
在庫状態 : 在庫有り

著者 及川 吉四郎   A5サイズ 336頁

日本人は多民族である。日本人の宗教も多宗教、「ごっちゃまぜ宗教」「チャンポン神」と著者は言ってはばからない。

日本古来のアニミズムにインドでキリスト教の影響を受けた仏教、それが中国に来てさらに変質し、日本にやってきた。偶像崇拝のゆえに散らされたイスラエル10部族の渡来、原始キリスト教、中国からやってきた景教、異教とキリスト教の結合したカトリック教、そしてプロテスタントが入って、日本で様々な宗教が混ざり合う。日本の神道、仏教がいかに変容して来たかに特にメスを入れ、聖書の絶対唯一、創造神に立ち返る以外に救いはないと著者は訴える。

現代日本人の必読の書と言えよう。

 

数量