No.6 がん

米国においては、がんは第2位の死因です。そして、間もなく心臓病を抜いて、第1位になると言われています。がんの発病率は、遺伝的要因によるよりも、生活習慣によって高まります。たばこ、アルコール、高脂肪の食事、動物性蛋白質の摂取、コーヒー、チョコレートなどはがんの発病率を高めます。   がんを予防するライフスタイルは、果物、野菜、穀物、堅果類などの適切な食事、適度な体重の維持、間食を避けた規則的な食事、規則的有酸素運動、適度な日光、ストレスの抑制、そして精神的なサポートなどです。

 

神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。第一ペテロ5:7