聖霊が義なるイエスに導く

ヨハネ16:8
「それが(御霊)きたら、さばきとについて、世の人の目を開くであろう」。

祝福の山25
「失われた人類の救いのためにご自身をむなしくされたイエスには、聖霊が限りなく与えられた。同じように、主が内にお住まいになれるように全心をささげる時、キリストに従うすべての者に聖霊が与えられるのである。わたしたちの主ご自身が、『御霊に満たされ』なさいと命令されたが(エペソ5:18)、この命令は、成就する約束でもある」。

キリストへの道24-25
「けれども人の心が神の聖霊の感化に服従するならば、良心は呼びさまされ、罪人は神の聖なるおきてのいかに深くまた聖なるものであるかを悟り、これこそ天地を治めておいでになる神の政治の基礎であることを知るようになるのであります。『すべての人を照すまことの光があって、世にきた』(ヨハネ1:9)とあるその光に心の奥底を照され、また暗きにかくれた事柄を照し出されて、心も魂も自分は罪あるものであるという思いでいっぱいになります。そして正しく、また人の心を探りたもうエホバの神の前に、罪と汚れのまま立つことを恐れます。こうして神の愛、聖潔の美、純潔の喜びを認め、自分も清められて神との交わりに立ち帰りたいと切望するようになるのであります」。

1SM 391
「神の御霊の引き寄せるとき、キリストへのまず最初のステップが踏み出される。この引き寄せる働きに応答するとき、悔い改めためにキリストのみ前に進んでいくのである」。

スタディーバイブル新267
「この賜物(聖霊)に優るものはあり得なかった。彼は一つのものにおいてすべてのものを与えられ、それ故に、改宗させ、啓蒙し、清める力である神の御霊を与えて下さるのであった」。

希望下156-157
「聖霊は主がご自分の民を高めるために天父に嘆願することがおできになるすべての賜物の中の最高のものであった。みたまは人を生れかわらせる働きをするものとして与えられるのであって、これがなければ、キリストの犠牲は何の役にもたたなかったであろう。……世のあがない主によって達成されたことに効果を与えるのはみたまである。心が清くされるのはみたまによってである。みたまによって、信者は神の性質にあずかる者となる」。