聖霊が人の目を開く

MM43
「人間の心の悪の醜さは理解されていない。」

大争闘下243-244
人間は、神の律法を犯した時に、その性質は邪悪となり、サタンに敵対するのでなく、協調するようになった罪人と罪の張本人との間には、当然、なんの恨み(敵意)もない。両方とも、背信によって、邪悪になった。……。こういうわけで、堕落した天使たちと悪人たちとは、絶望的なつながりで結ばれた。」

RH11/29/1887
 生来の(Inbred sin)との格闘があり、外部の悪に対する戦いがある。」

家教580
「生まれながらの心は、神のことや、天や、天の事物について、考えることを好まないものである。」

RH, 6/ 25/1908
「利己主義が堕落(腐敗)の本質である」

実物23
「地下に岩があるように、良いことをしたいという願いや大きな希望の下には、生来の利己心が横たわっている。自己愛が征服されていないのである。彼らは、罪がいかに恐ろしいものであるかを悟らず、罪の自覚によって心がくだかれていない」。

患下264
使徒や預言者たちの中には、だれも罪がないと主張した者はいない神に最も近く生きた人々、知っていて悪い行いをするよりはいのちを犠牲にしようとする人々、神が聖なる光と権能をもって賞賛した人々は、自分たちの性質の罪深さを告白してきた。彼らは自分自身に信頼せず、自分の義を主張せず、キリストの義を深く信頼した。」

5BC1128
「罪の故にアダムの子孫は生来の不服従の傾向をもって生まれてきた。」

RH11/29/1887
生来の(Inbred sin)との格闘があり、外部の悪に対する戦いがある。」

キリストへの道86
「イエスに近づけば近づくほど、ますます欠点が多く見えてきます。それは自分の目が開けて明らかになり、イエスの完全さに比べて、自分の不完全さが大きくはっきりと見えるからです。これは悪魔の惑わしの力が失われ、人を生かす神のみたまの力が働いている証拠であります。」

キリストへの道82
「私どもは罪深く汚れているので、清いおきてに完全に従うことができません。神のおきての要求に応じうる義を持ちあわせていません。けれどもキリストは、私どものために逃れる道を備えてくださいました。」

祝福の山145
「わたしたちは、罪についての神の評価を受け入れなければならない。それは実に重いものである。カルバリーのみが、罪のいかにおそるべきものかを明らかにする」。

希望下280
 「大いなるいけにえがささげられたのである。至聖所への道が開かれている。

キリストを映して70
「私たちは、自分に何かの功績がるからではなく、『主われらの義』を信じる信仰のゆえに、神のみ前に是認を受ける。イエスは今、私たちのため神のみ前に出るために、至聖所におられる。そこでこのお方は、ご自分の民をご自身にあって完全なものとして時々刻々提示しておられるのである。」