神の一大建築プロジェクト

*霊感の言葉*

教育266
「品性を築くことは、人類に任された最もたいせつな働きであって、今日ほどこれについて熱心に研究しなければならない時はかつてなかった」。

イザヤ43:25
「わたしこそ、わたし自身のためにあなたのとがを消す者である。わたしは、あなたの罪を心にとめない」。

MS102、1903年
「キリストに監督させよ―品性建設の働きにおいて、キリストがあなたの監督であることを肝に銘じなさい。あなたが神の同労者であるか、それとも神に反対して働く者であるか、あなたの最高の念願は神を表すことであるか、それとも自分自身と自分の計画を大きく見せることであるかは、大変な違いである。キリストは、『わたしから離れては、あなたがたは何一つできない』と宣言なさる。神に是認されることは何一つできないのである。注意深くあなたの動機を探りなさい。そして、あなたがキリストから離れて自分自身の知恵で働いているのではないことを確認しなさい」。

Ⅱテモテ3:16-17
「聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。それによって、神の人が、あらゆる良いわざに対して十分な準備ができて、完全にととのえられた者になるのである」。

教会への勧告310
「われわれは眺めることによって変えられて行くのである。神とわれわれの救い主の御愛をよく考え、完全な神のご品性を熟視し、キリストの義を信仰によって自分のものとして主張することによって、われわれは同じ姿に変えられて行くのである」。

 

青年への使命91
「キリストは、完全な品性に到達することが容易であるという保証を、お与えになっていません。尊い円満な品性というものは、親ゆずりでもなければ、また偶然に得られるものでもありません。りっぱな品性は、キリストの功績と恩恵を通して、個人の努力によって得られるものです。神が、才能すなわち頭脳の能力をお与えになり、私たちが品性を形成するのです。それは自我との厳しい困難な戦いによって形づくられるのです。戦いに戦いを重ねて、先天的な性格を克服しなければなりません」。

黙示録1:3
「この預言の言葉を朗読する者と、これを聞いて、その中に書かれていることを守る者たちとは、さいわいである。時が近づいているからである」。

あけぼの下135-136
「成功の秘けつは神の力と人間の努力の結合である。最高の結果を達成する者は、全能者の腕に絶対の信頼をおく人である。……祈りの人は力の人である」。

実物教訓332
「『小事に忠実な人は、大事にも忠実である』(ルカ16:10)。小さい事は、それが小さいために、その重要性が認められない場合がよくある。しかし、小事は、人生において実際によい訓練を与えるものである。クリスチャンの生活の中では、真に不必要なものはない。小事の重要性を軽視するために、品性形成上のあらゆる危険にあうのである。……人生の小事を扱う時に見られる欠点が、大切なことを扱う時にも及んでくる。日ごろの態度が、何事にもあらわれてくる。こうして、行為をくり返しているうちにそれが習慣となり、習慣は品性を形成し、品性は、わたしたちの現世と永遠の運命を決定するのである」。