映画「背教」日本語字幕付き*

この世界に、成就しつつある預言の真理よりも強力なものは、ほとんどないと言えるでしょう。

著述家、神学者、作曲家、改革者、そしておそらく16世紀の最も有名な宗教家であったマルチン・ルター。

身分の低い修道士が、大勢の王や君主、貴族や代議士、大使や男爵、領主や司教、高位聖職者らの前に立ったのは、歴史上前例のないことでした。

ルターを支えたのは、キリストとみことばに対する信仰だけでした。 自らの書き物を取り消すよう求められたときの彼の返答は、世界を揺り動かすほどのものでした。
そして、信仰によってのみ救われるというこの喜ばしい真理が、宗教改革の土台となっていくのでした。

神の言葉にとらわれている良心こそが、教会の改革の核心となっているのです。