日本人の宗教心

マッカーサー元帥は、「日本人は宗教の面では、12歳以下である」と言ったという。日本は多民族である。古来の日本神道、すなわち自然崇拝に様々な外来の宗教が入ってきた。それらをうまく習合し、創造神に背を向け八百万の神々を信じている。「神は、このような無知の時代を、これまでは見過ごしにされていたが、今はどこにおる人でも、みな悔い改めなければならないことを命じておられる」使徒行伝 17:30。「神をおそれ、神に栄光を帰せよ。神のさばきの時がきたからである。天と地と海と水の源とを造られたかたを、伏し拝め」(黙示録14:7)と神は命じておられる。

CD,DVDのお求めはこちらから

関連書籍:
日本人の宗教心
B13-3