主の預言は完全に成就する

*霊感の言葉*

 教育211
「『有って有る者』にいます大いなる神が、永遠の過去から永遠の未来にいたる預言の鎖の輪を一つ一つつらねて、聖書の中にはっきりとお示しになっている歴史は、現在、われわれが時代の進行のどの辺にいるか、そしてまた将来何が予想されるかを告げている。現在までに起こるべく預言されていたすべての事件は、歴史のページの中にその跡をたどることができる。これから後に起こるべき諸事件も必ずその順序通りに成就されるであろう」。

教育218
「人の子よ、見よ、イスラエルの家は言う、『彼の見る幻は、なお多くの日の後の事である。彼が預言することは遠い後の時のことである』と。それゆえ、彼らに言え、主なる神はこう言われる、わたしの言葉はもはや延びない。わたしの語る言葉は成就すると、主なる神は言われる」。

ミニストリー・オブヒーリング465~466
「希望にあふれ、勇気に満ちていよう。神の働きに意気消沈していることは罪であり、不合理である。神はわたしたちの必要をすべてご存じである。契約をお守りになるわたしたちの神は、諸王の主なる全能者であり、やさしい羊飼のような柔和と配慮をもっておられる。その力は絶対であり、それはまた、神にたよる者には、すべての約束が確実に成就するという保証である。神はすべての困難を除去する手段を持っておられるが、それは神に仕え、神が用いられる手段を尊ぶ者を支えるためである。神の愛は、他のどんな愛に比べても、天と地の差のように高いものである。神は、量り知られぬ永遠の愛をもって、神の子を見守っておられる」。

国と指導者下巻 6~7
「われわれは預言者たちや使徒たちが試した信仰を抱いて、それを強めるようにしなければならない。それは神の約束をしっかりと把握して、神がお定めになった時と方法によって救いをお与えになるのを待つ信仰である。預言の確かな言葉は、われわれの主、救い主イエス・キリストが、王の王、主の主として栄光のうちに再臨なさるときに、完全に成就するのである。待望の期間は長く思われるかも知れない。心は失望的状況下に圧倒されるかも知れない。また、信頼されていた多くの人々が、途中で倒れてしまうかも知れない。しかしわれわれは、未曽有の背信の時代にあって、ユダを励まそうと努力した預言者と共に次のように言おう。『主はその聖なる宮にいます、全地はそのみ前に沈黙せよ』(八バクク2:20)。『この幻はなお定められたときを待ち、終りをさして急いでいる。それは偽りではない。もしおそければ待っておれ。それは必ず臨む。滞りはしない。・・・・しかし義人はその信仰によって生きる』という励ましの言葉を常に覚えていよう(同 2:3、4)。

へブル人への手紙
10:35だから、あなたがたは自分の持っている確信を放棄してはいけない。その確信には大きな報いが伴っているのである。10:36神の御旨を行って約束のものを受けるため、あなたがたに必要なのは、忍耐である。10:37『もうしばらくすれば、きたるべきかたがお見えになる。遅くなることはない。10:38わが義人は、信仰によって生きる。もし信仰を捨てるなら、わたしのたましいはこれを喜ばない』。10:39しかしわたしたちは、信仰を捨てて滅びる者ではなく、信仰に立って、いのちを得る者である。11:1さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである」。

各時代の大争闘 下巻222~223
「天の聖所は、人類のためのキリストのお働きの中心そのものである。それは、地上に生存するすべての者に関係している。それは、贖罪の計画を明らかにし、われわれをまさに時の終わりへと至らせて、義と罪との戦いの最後の勝利を示してくれる。すべての者が、これらの問題を徹底的に研究し、彼らのうちにある望みについて説明を求める人に答えることができるようにすることは、何よりも重要なことである。

天の聖所における、人類のためのキリストのとりなしは、キリストの十字架上の死と同様に、救いの計画にとって欠くことのできないものである。キリストは、ご自分の死によって開始された働きを、復活後、天において完成するために昇天されたのである。われわれは、信仰によって、『わたしたちのためにさきがけとなって、はいられた』幕の内に入らなければならない(ヘブル6:20)。そこには、カルバリーの十字架からの光が反映している。そこにおいて、われわれは、贖罪の奥義について、もっとはっきりした理解を持つことができる。人間の救済は、天が無限の価を払うことによって達成された。

払われた犠牲は、破られた神の律法の最大限の要求に相当するものである。イエスは、父なる神のみ座への道を開かれた。そして、信仰によって彼に来るすべての者の心からの願いは、彼のとりなしによって、神の前にささげられるのである」。