デズモンド・ドス―良心的兵役拒否者

神が与えてくださった尊い命を奪いたくない…
銃を手にすることを拒んだ

一度妥協するなら再び妥協することになる…

強い意志と信仰によって信念を貫いた
デスモンド・ドス衛生兵の感動のドキュメント

1945年、第二次世界大戦。
沖縄で、難攻不落と言われた120メートルの絶壁―アカ弓のこ峰において、十人に一人しか生き残れないというすさまじい戦闘の中、デスモンド・ドス衛生兵は75人もの負傷兵を断崖の上から助け出した。
武器を持つことを拒否したデスモンドの単純な信仰を、一度はあざけり、笑いものにした歩兵達の命は、今や彼にかかっていた。
制作者テリー・ベネディクトはデスモンドの驚くべき物語を証言者達の目線から、この謙虚な人物の英雄的な行動を語る。
兵役仲間たちの尊敬を得た彼は、アメリカ最高の名誉勲章を受けた。