「贖罪の血と水に感謝!」

真の信仰は神の約束をわがものとし、従順という実をむすびます。独断的な信仰もまた約束をわがものにしますが、サタンと同じように、これを罪とがの言い訳に使います。新しい契約は神の律法に基礎をおいています。イエスのわき腹の血は彼の名を信じる者の罪を洗い去るためであり、水は、信じる者が生命を得るためにイエスから受ける生ける水を代表していました。

  • :出エジプト19:5、出エジプト記24:3,7,8、へブル9:19,20,22、ヨハネ19:34、ヨハネ7:37-39、ヨハネ4:15,16、黙示録21:6、黙示録22:1-2、黙示録22:17