666/獣の刻印 について

不沈船と箱船

マタイ24:37、ヘブル11:7、詩編127:1、黙示録13:16,17 1.タイタニック号の沈没の物語を通して、人の無力さを学ぶ。 2.ノアの箱船は不沈船であったが、特別な神の守りがあったからであった。 3.終わりの時 […]

獣の刻印とは何か?

黙示録13章、14章 獣の刻印が右の手や額に押されていなければ、売り買いができない、あるいは殺される時代が預言されています。それは間もなくやってきます。この獣の刻印はどこから来るのか?なぜこれが危険なのか?どのようにこれ […]

アメリカについての預言

黙示録13章は神の民を迫害する2つの勢力について述べています。第1のものはローマ・カトリック教会と認識されています。このレッスンで焦点を合わせるのは、第2のものである、アメリカです。この獣は地(人口の少ない所)から上って […]

666―獣の数字とその刻印

ローマカトリック、古代バビロンの異教のシンボルを比較、世界の大聖堂、彫刻、その教­え、習慣はどこから来たかを暴露する。 プレゼンター:ジェームズ・アラビート 写真家。預言と特に安息日の研究に詳しい。世界各国を回り、研究資 […]