律法と福音 について

服従は律法主義か?

祝山137  天においては、奉仕は、律法主義の精神で行われるようなことはない。サタンがエホバの律法に対して反逆した時、それまで考えもしなかったことにめざめたかのように、天使たちは、律法があったことを考えた。奉仕をするにあ […]

「贖罪の血と水に感謝!」

真の信仰は神の約束をわがものとし、従順という実をむすびます。独断的な信仰もまた約束をわがものにしますが、サタンと同じように、これを罪とがの言い訳に使います。新しい契約は神の律法に基礎をおいています。イエスのわき腹の血は彼 […]

第17課 律法と福音

1. 神の政府はどんなに広大なものですか。 「主はその玉座を天に堅くすえられ、そのまつりごとはすべての物を統べ治める。」詩篇103 : 19   2. 神の王国のおきては何ですか。 「主の使たちよ、そのみ言葉の […]