教理 について

オウム真理教とキリスト教

*霊感の言葉* 【「経験と幻」初版の序文】 われわれは、真剣に真理と聖書的清めを求めている人々の多くが、幻に対して偏見を抱いていることをよく知っている。まず第1に、偽りの幻と現象とを伴った狂信が、多かれ少なかれ、ほとんど […]

審判の良きおとずれ

*霊感の言葉* 大争闘下211 「わたしはまた夜の幻のうちに見ていると、見よ、人の子のような者が、天の雲に乗ってきて、日の老いたる者のもとに来ると、その前に導かれた。彼に主権と光栄と国とを賜い、諸民、諸族、諸国語の者を彼 […]