きよめ について

生来の罪

9T267 「罪を構成するものが何かということに関して心が混乱されている者は恐ろしくだまされている」。 4T 496 「人の心の中には、生まれつきの利己主義と腐敗がある」。 RH 1887年11月29日 「生まれつきの罪 […]

ゆるしと清め

各時代の希望上巻』72-73 「子供のイエスは初めて宮をごらんになった。彼は白い衣を身にまとった祭司が厳粛な儀式をとり行なっているのをごらんになった。彼はまた、いけにえの祭壇の上の血を流している動物に目をとめられた。…… […]