黙示録14章 からの学び

最終世代の神の民

あ上61-62 「しかし、贖罪の計画は、人類の救済より、もっと広く深い目的をもっていた。キリストが地上に来られたのは、人間を救うためだけではなかった。この小さな世界の住民が、神の律法に対して当然払わなければならない尊敬を […]

安息日の変更:史上最大の作り話

黙示録 13:15 「それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた」。 ダニエル7:25 「彼は、いと高き者に敵して言葉を出し、かつ、いと高 […]

進撃の巨人

詩編84:4-12、民数記13,14章 約束の地カナンに住んでいた巨人たちのゆえにイスラエル人はたじろいだ。神によって勝利できると信じなかったイスラエルは40年の荒野の流浪の後にカレブとヨシュアの指導の下にカナンを征服し […]

憎悪をゆるしに変える方程式

ローマ12:20-21 むしろ、「もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃えさかる炭火を積むことになるのである」。 悪に負けてはいけない。かえって、善 […]