黙示録13章 からの学び

預言者が語る‐アメリカの行方

5T451 「ローマ軍の接近が弟子たちにとって差し迫ったエルサレム滅亡のしるしであったように、この背教は、我々にとって神の忍耐が限界に達したというしるしとなり、我が国(米国)の背教が満ちて、憐みの天使は飛び立ち、二度と戻 […]

安息日の変更:史上最大の作り話

黙示録 13:15 「それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた」。 ダニエル7:25 「彼は、いと高き者に敵して言葉を出し、かつ、いと高 […]

不沈船と箱船

マタイ24:37、ヘブル11:7、詩編127:1、黙示録13:16,17 1.タイタニック号の沈没の物語を通して、人の無力さを学ぶ。 2.ノアの箱船は不沈船であったが、特別な神の守りがあったからであった。 3.終わりの時 […]

獣の刻印とは何か?

黙示録13章、14章 獣の刻印が右の手や額に押されていなければ、売り買いができない、あるいは殺される時代が預言されています。それは間もなくやってきます。この獣の刻印はどこから来るのか?なぜこれが危険なのか?どのようにこれ […]

悪魔はほんとうにいるのか?

善と悪、正と邪-この相反する概念についてどう考えたらいいか?神が存在するなら、悪魔も存在するはず。悪魔とはいったい何者か?悪魔はどのように人間と関わっているか?手相や占い、口寄せ、イタコ、ユタ、ノロ、超自然的現象に翻弄さ […]