ウィークリーメッセージ 2017年

聖書のバプテスマ

聖書のバプテスマ

あなたは、罪の自覚がありますか?」

あなたは、罪の自覚がありますか?」

*霊感の言葉* キリストの実物教訓132 「パリサイ人と取税人とは、神を礼拝するために来る2種類の人を代表している。そして、その人々を、この世界に生まれてきた最初の2人の子供たちがよく代表している。カインは、自分を義であ […]

主の預言は完全に成就する

主の預言は完全に成就する

*霊感の言葉*  教育211 「『有って有る者』にいます大いなる神が、永遠の過去から永遠の未来にいたる預言の鎖の輪を一つ一つつらねて、聖書の中にはっきりとお示しになっている歴史は、現在、われわれが時代の進行のどの辺にいる […]

言は肉体となった

言は肉体となった

相次ぐ事件は何を語る

相次ぐ事件は何を語る

主のみ顔をたずねよ

主のみ顔をたずねよ

*霊感の言葉* 詩篇105:4 「主とそのみ力とを求めよ、つねにそのみ顔を尋ねよ」。 詩篇27:8 「あなたは仰せられました、『わが顔をたずね求めよ』と。あなたにむかって、わたしの心は言います、『主よ、わたしはみ顔をたず […]

十字架を瞑想する

十字架を瞑想する

*霊感の言葉* スタディーバイブル旧146 我々の犠牲キリスト―彼の働きはほとんど終了しかかっていた。彼の伝えるべき教えはあとわずかだった。そして、純潔無垢な神の小羊のへりくだりを彼らが決して忘れることのないように、偉大 […]

教会に侵入する異教 パート1

教会に侵入する異教 パート1

*霊感の言葉* 国上289 「彼(アハズ)は、『イスラエルの王たちの道に歩み、またもろもろのバアルのために鋳た像を造り、ベンヒンノムの谷で香をたき』、『また主がイスラエルの人々の前から追い払われた異邦人の憎むべきおこない […]

仰いで、見て、生きよ

仰いで、見て、生きよ

*霊感の言葉* 民数記21章9節 「モーセは青銅で一つのへびを造り、それをさおの上に掛けて置いた。すべてへびにかまれた者はその青銅のへびを仰いで見て生きた」。 申命記8章15-16節 「あなたを導いて、あの大きな恐ろしい […]

神の哀れみと驚くべきみ業

神の哀れみと驚くべきみ業

*霊感の言葉* 国と指導者下208 「エステルの時代に神の民を訪れた苦しい経験は、ただその時代だけのものではなかった。ヨハネは、時の終末に至るまでの各時代を眺めて言った。『龍は、女に対して怒りを発し、女の残りの子ら、すな […]

悩みのとき、いつも主も悩まれて

悩みのとき、いつも主も悩まれて

*霊感の言葉*  現代の必要 士師記10:16「主の心はイスラエルの悩みを見るに忍びなくなった」。 イザヤ書63:9「彼らのすべての悩みのとき、主も悩まれて、・・・・いにしえの日、つねに彼らをもたげ、彼らを携えられた」。 […]

自立伝道者 イエスの働き

自立伝道者 イエスの働き

*霊感の言葉*  現代の必要  「時は短いので、もっと大きな働きをなすために、われわれの勢力を組織しなければならない」。クリスチャンの奉仕100 「わが教会を築きあげるのに今必要とされているものは、教会の中のタラントすな […]

罪を犯さずに生きる

罪を犯さずに生きる

各時代の希望「第40章 湖上の一夜」E.G.WHITE 激しい嵐がしのびよってきていたのに、彼らはそのために備えができていなかった。その日は申し分のない天気だったので、それは突然な変化だった。疾風に襲われると、彼らは恐れ […]

イスラエルの神殿建設から学ぶ -part2-

イスラエルの神殿建設から学ぶ -part2-

イスラエルの神殿建設から学ぶ -part1-

イスラエルの神殿建設から学ぶ -part1-

*霊感の言葉* あらゆる試練のときの助け 「わたしたちは苦難の世界に生きており、天の家郷へ行く道には絶えず艱難、試練、悲嘆がわたしたちを待っている。しかし、たえず苦難を予想して生涯の重荷を倍にしている人が多い。災難や失望 […]

サタンの策略に抵抗しなさい

サタンの策略に抵抗しなさい

*霊感の言葉* ヨハネ8:44 「あなたがたは自分の父、すなわち、悪魔から出てきた者であって、その父の欲望どおりを行おうと思っている。彼は初めから、人殺しであって、真理に立つ者ではない。彼のうちには真理がないからである。 […]

眠りから覚めるべき時

眠りから覚めるべき時

*霊感の言葉* ローマ13:11 「なお、あなたがたは時を知っているのだから、特に、この事を励まねばならない。すなわち、あなたがたの眠りからさめるべき時が、すでにきている。なぜなら今は、わたしたちの救が、初め信じた時より […]

善と悪との攻防

善と悪との攻防

*霊感の言葉* 患難から栄光へ上巻69 「われわれはキリストのみ 名によって前進し、ゆだねられた真理を擁護しなければならない」。 国と指導者上巻130 「だれでも時には、激しい失望と絶望に陥る時があって、心は悲しみに満た […]

主の赦しと除去の確信

主の赦しと除去の確信

*霊感の言葉* 高き召し203「信仰による義」に引用53 「今日のおおくの人たちのように、まことに神の息子、娘であるとの確証もなしに心静かに安らいでいられることは愚かなことである」。 「信仰による義」に53 「自分の罪が […]

いつ都会を出るべきか

いつ都会を出るべきか

*霊感の言葉* マタイ24:15,16   預言者ダニエルによって言われた荒らす憎むべき者が、聖なる場所に立つのを見たならば(読者よ、悟れ)、 そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。 ローマ軍によるエルサレム包囲がユダ […]

震いに備える愛

震いに備える愛

*霊感の言葉* 希望下118-119 「キリストは、このようにあわれな魂を、サタンが彼らに決定的に勝利することのできないところへどうやってみちびかれるだろう。ただ口先だけで弟子であると言うことが弟子となることではなく、ま […]

音楽という楔

音楽という楔

*霊感の言葉* 青年への使命291 「音楽は神聖な目的に奉仕し、純潔で高尚な思いを高め、魂の中に神への献身と感謝の念を目覚めさせるためにつくられたものです。昔の習慣と、現在の音楽の用途との間には、なんという相違がみられる […]

天の大法廷

天の大法廷

*霊感の言葉* 大下211 「象徴的儀式においては、告白と悔い改めによって神の前に出て、その罪が罪祭の血によって聖所に移された者だけが、贖罪の日の儀式にあずかることができた。そのように、最終的な贖罪と調査審判の大いなる日 […]

神は罪人をどう取り扱われるか

神は罪人をどう取り扱われるか

*霊感の言葉* キリストの実物教訓15章「この人は罪びとを迎えて」 「一体、だれが1人の魂の価値を評価できるであろうか。もしその価値を知りたいと思うならば、ゲッセマネへ行って、血の大きなしずくのような汗を流して苦しまれた […]

黙示録はイエスの啓示

黙示録はイエスの啓示

*霊感の言葉* 黙示録 6:17 「御怒りの大いなる日が、すでにきたのだ。だれが、その前に立つことができようか」。 黙示録7章 144,000 黙示録13:4 「また、龍がその権威を獣に与えたので、人々は龍を拝み、さらに […]

人と人との接触

人と人との接触

関連記事: 対人関係

愚かな金持ちから学ぶ

愚かな金持ちから学ぶ

*霊感の言葉* ルカによる福音書12:4-12 「そこでわたしの友であるあなたがたに言うが、からだを殺しても、そのあとでそれ以上なにもできない者どもを恐れるな。恐るべき者がだれであるか、教えてあげよう。殺したあとで、更に […]

神のさばきの福音

神のさばきの福音

*霊感の言葉* 大下224  「我々は今、大いなる贖罪の日に生存している。型としての儀式においては、大祭司イスラエルのためにあがないをしている間、すべてのものは、主の前に罪を悔い改め、心を低くすることによって魂を悩まさな […]

今から後、主にある死は幸い

今から後、主にある死は幸い

*霊感の言葉* ミニストリー・オブ・ヒーリング28、209 「健康の回復のために、神がその力をもって明らかにお働きになる場合もあるが、全部の病人がいやされるとはかぎらない。イエスを信じて眠りにつく者も多い。パトモス島でヨ […]

古代イスラエルから学ぶ現代イスラエル Part.2

古代イスラエルから学ぶ現代イスラエル Part.2

*霊感の言葉* イザヤ58:1 「大いに呼ばわって声を惜しむな。あなたの声をラッパのようにあげ、わが民にそのとがを告げ、ヤコブの家にその罪を告げ示せ。」 Ⅰヨハネ2:16 「すべて世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、 […]

聖徒の忍耐

聖徒の忍耐

*霊感の言葉* スタディバイブル注解新185-187 ルカ18 : 1-8.「同情に満ちた友―『どうぞ、わたしを訴える者をさばいて、わたしを守ってください』というやもめの祈りは、神の子らの祈りを代表している。… 彼らは、 […]

ガダラの狂人~奉仕のために救われる~

ガダラの狂人~奉仕のために救われる~

*霊感の言葉* 各時代の大争闘・下巻257, 258ページ 「聖書に直接的な多数の証拠があるにもかかわらず、悪魔と悪天使たちの存在と働きを否定する人々ほど、悪霊の力に動かされる大きな危険の中にある人たちはいない。われわれ […]

神の一大建築プロジェクト

神の一大建築プロジェクト

*霊感の言葉* 教育266 「品性を築くことは、人類に任された最もたいせつな働きであって、今日ほどこれについて熱心に研究しなければならない時はかつてなかった」。 イザヤ43:25 「わたしこそ、わたし自身のためにあなたの […]

最終世代の神の民

最終世代の神の民

あ上61-62 「しかし、贖罪の計画は、人類の救済より、もっと広く深い目的をもっていた。キリストが地上に来られたのは、人間を救うためだけではなかった。この小さな世界の住民が、神の律法に対して当然払わなければならない尊敬を […]

“フェイクニュース”を警戒せよ

“フェイクニュース”を警戒せよ

あけぼの上93 「正しい側についたのは、大多数の群衆ではなかった。世はあげて神の義と神の律法に反対し、ノアは狂信者だと思われた。サタンは、エバを誘惑して神にそむかせようとしたときに、『あなたがたは決して死ぬことはないでし […]

「第三天使の使命」は、 何を意味しているのか

「第三天使の使命」は、 何を意味しているのか

「イエスがわれわれとともに住むためにおいでになったので、われわれは、神がわれわれの試練をよく知り、われわれの悲しみに同情してくださるということがわかる。アダムのむすこ娘はみな創造主が罪人の友であることをさとることができる […]

与えることの祝福

与えることの祝福

新しく生まれる:ボーン・アゲイン

新しく生まれる:ボーン・アゲイン

ヨハネ3:3-7 イエスは答えて言われた、『よくよくあなたに言っておく。だれでも新しく生れなければ、神の国を見ることはできない』。……イエスは答えられた、『よくよくあなたに言っておく。だれでも、水と霊とから生れなければ、 […]

失われた者から主のしもべへ

失われた者から主のしもべへ

イザヤ44:22 「わたしはあなたのとがを雲のように吹き払い、あなたの罪を霧のように消した。わたしに立ち返れ、わたしはあなたをあがなったから。」 イザヤ55:7 「悪しき者はその道を捨て、正らぬ人はその思いを捨てて、主に […]

古代イスラエルから学ぶ現代イスラエル

古代イスラエルから学ぶ現代イスラエル

Ⅰコリント10:11 「これらの事が彼らに起ったのは、他に対する警告としてであって、それが書かれたのは、世の終りに臨んでいるわたしたちに対する訓戒のためである」。 ヨシュア1:9 「わたしはあなたに命じたではないか。強く […]

迫りくる危機

迫りくる危機

RH, October 28, 1884 par. 25 「これらの預言は、終わりの時に我々を導く。そして切迫する危機に備えよと警告する。前途に迫る最も関心のある光景に我々は備えるべきである」。 9T11 「陸と海の災害 […]

勝利する人々

勝利する人々

ローマ8:31 「神がわたしたちの味方であるなら、だれがわたしたちに敵し得ようか」。 食事と食物への勧告430 「我々は目に見えない敵によって四方から攻められているのであって、我々は神から与えられる恵みにより勝利するか、 […]

預言者が語る‐アメリカの行方

預言者が語る‐アメリカの行方

5T451 「ローマ軍の接近が弟子たちにとって差し迫ったエルサレム滅亡のしるしであったように、この背教は、我々にとって神の忍耐が限界に達したというしるしとなり、我が国(米国)の背教が満ちて、憐みの天使は飛び立ち、二度と戻 […]

安息日の変更:史上最大の作り話

安息日の変更:史上最大の作り話

黙示録 13:15 「それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた」。 ダニエル7:25 「彼は、いと高き者に敵して言葉を出し、かつ、いと高 […]

成功の秘訣はどこに

成功の秘訣はどこに

1コリント 12:27 「あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。」 ローマ12:3-5 「わたしは、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりびとりに言う。思うべき限度を越えて思いあがるこ […]