サンライズミニストリー

当機関は書籍、メディア、セミナーを通して現代に必要なメッセージを伝えるキリスト教伝道センターです。

永遠の福音社(EGPA:韓国)を通じて2000年から「スタディバイブル日本語版」を発行、聖書をひも解く書物、生活・健康に関する本・小冊子を扱っています。

私たちは以下のことを信じ、それらを活動の動機、目的としています。

  1. 我々の働きと使命は三天使の使命である。(6T 384, 2SM 142)
  2. 第三天使の使命は人々をキリスト再臨の栄光の前に立ち得る特別な備えをさせるものである。(9T 98, 大争闘下 140)
  3. 第三天使の使命は人々の心を至聖所に向ける。そこにおいて信者は最後の、特別な贖いを受ける。(初代文集 414, 5,7)
  4. ダニエル書8:14の聖句は再臨信仰の土台であり、み業の完成はこの聖句の正しい理解にかかっている。(生き残る人々 422, EV 221, 5T 575)
  5. 最後の時代の嵐に押し流されないようにさせるアンカー(錨)は、三重の使命、聖所、安息日、人の性質、イエスの証(預言の霊)等である。(初代文集417, 1T 300)
  6. この世代は福音の働きが世界に完成する最後の時代である。不信仰によって、時が延ばされ、イエスの十字架の苦しみを増している。(大争闘下 182, 教育 328)
  7. 信仰による義認の体験によって、再臨を早めることをキリストは待っておられる。再臨とみ業完成をこれほど遅らせているのが我々神の民であるとするならば、我々の今日の、義務は何か、約束のものを受ける条件は何なのかを研究し、共に備えたいと思う。
  8. 最後の「残りの民」は、たといどんなに背教しようとも、激しい震いの経験をして、純潔な教会となり、永遠の神の目的が達成されると信じている。
  9. 健康使命は、人間の知力と霊性を高めるために必要であり、神から与えられた宮である体を正しい食事と生活をすることによって、健康的に保つことは私たちの義務である。

センター

メインの建物。1階にチャペル(サンライズ今帰仁教会)と、ライフスタイルセンター(高齢者のグループホーム)、印刷室、2階に事務所を構える。

This is an example caption

センター外観

 

This is an example caption

食堂