キリスト教とはどんな教えか?

第1課 神の存在について

はじめに 宗教といえば、何かを信じる思想、また教えのことであると言ってよいでしょう。 では、いったい何を信じるのか。いうまでもなく信仰の対象は神です。ただし、これには例外があります。その代表的なものは仏教です。仏教は本来 […]

第2課 神を知る方法―啓示

はじめに 前回は神の存在について考えました。この研究によって、神は唯一であり、世界の創造主こそが、その唯一の真の神であることが明らかにされたと思います。 しかし、これはあくまでも、われわれ人間が自分の頭で考え、理論的に納 […]

第3課 天使と悪魔について

はじめに この世には、神以外にも人間を超えた存在がいくつかあります。 一つは、他世界の住民です。これは、この地球と直接かかわりを持つものではなく、したがって聖書にも明確な記述があるわけではありませんので、これについて詳細 […]

第4課 世界の起源と人間の創造

はじめに これまで、神について考え、天使と悪魔について取り上げましたので、今回は順序として、人間についてご一緒に考えてみたいと思います。 人間ーこれはわれわれにとっては自分自身のことなのですから、ほかのことと違って一番よ […]

第5課 人間の堕罪とその結果

はじめに 世界と人間の起源、これは偶然の産物ではなく、神の創造になるものであるというのなら、この世界に苦難・災害・不幸・悲嘆があるのはなぜなのか?これは千古の疑問です。 せっかく信仰を持ちたいと願いながら、容易に信仰に入 […]

第6課 神による救いの計画

はじめに この世界は、神によって創造されました。しかも最初造られたときには、すべて完全であったのです。それなら、こんにちこの世界に苦難と不幸があるのはなぜなのか。これは、神のかたちに象って造られ、自由意思を与えられた人間 […]

第7課 救い主の預言―その1、予型と象徴

はじめに 前課は、神のお立てになった救いの計画についての学びでしたが、そういう救いの計画というものは、罪を犯した人間が、あとで考え出したものではないのか、いいかえれば、それは罪の解決のための単なる辻褄合わせの空理空論にす […]