イスラムかバチカンか?

現在、世界が最も注目しているのはイスラム過激派の動きであろう。共産主義も失敗し、民主主義もかげりが見えてきた。イスラムが世界を支配する最大パワーとなるのであろうか。イスラムは世界支配を狙っている。イスラム人口の急増は驚くべきものである。イスラム過激派によるテロ事件は、世界を震撼させつつある。世界最小の国、バチカンも世界支配を狙っている。神の言葉、聖書の預言によると、数においては、イスラムが圧倒的に15億7千万対バチカン13億と言われているが、バチカンとその同盟国が新世界秩序を構築することになっている。その真実を聖書の預言で研究すべき時ではないだろうか。聖書のダニエル書と黙示録にこれからの世界の行く末を見ようではないか。

CD,DVDのお求めはこちらから
(他、反キリストの一致運動計画、スーパースターローマ法王、フランシス法王の一致運動への呼びかけを収監)

関連動画:
戦争と平和の二重唱  終わりの時の大争闘-第二弾